気象衛星

気象衛星

最新データを10分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2018年12月11日(火) 15:15

南海トラフ、「半割れ」で沿岸は事前に1週間避難

 南海トラフ巨大地震に備えて、防災対応の報告書案がまとまりました。

 東海沖から九州沖にかけての南海トラフ沿いでは、東側でマグニチュード8クラスの巨大地震が発生した後に、西側でも同じ程度の規模の巨大地震が続けて発生する「半割れ」と呼ばれるケースが繰り返し起きています。このため、南海トラフ沿いの東側か西側の領域で「半割れ」に相当するマグニチュード8以上の巨大地震が発生した場合、被害や影響が比較的小さい反対側の領域でも巨大地震が連動して発生する可能性があります。

 これを受けて、政府の中央防災会議は、津波が来た際に迅速な避難が難しい沿岸部では、住民におよそ1週間、避難してもらうことなどを盛り込んだ防災対応の報告書案をまとめ、有識者らで構成される作業部会で大筋で了承されました。

 政府は今月中に報告書をまとめ、具体的な対応策を記したガイドラインの作成を急ぐ考えです。

カテゴリー別ニュース一覧

社会

政治

経済

国際

カルチャー

BSS TYS RCC ITV KUTV