気象衛星

気象衛星

最新データを30分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2018年7月20日(金) 17:38
枝野代表3時間近くの演説も、安倍内閣不信任案を否決

枝野代表3時間近くの演説も、安倍内閣不信任案を否決

 国会は20日、事実上の会期末を迎えました。野党側が提出した安倍内閣に対する不信任決議案が否決され、政府が最重要法案と位置づける「カジノ整備法案」が成立します。

 「カジノや恣意的な選挙制度の改悪を、災害対応に優先をさせた。その1点をもっても不信任に値する」(立憲民主党 枝野幸男代表」

 立憲民主党の枝野代表はこのように述べた上で、財務省の文書改ざん問題や自衛隊の日報隠蔽問題などをとりあげ、安倍総理に退陣を求めました。枝野代表の演説は3時間近くに及びましたが、内閣不信任決議案は、自民党、公明党などの反対多数で否決されました。

 「この国会を政府は“働き方改革国会”と 銘打った訳でございますが、大変な厳しい国会となり、皆様方に本当にご迷惑をおかけをし、ご苦労をおかけしたところでございますが、70年ぶりの大改革を成し遂げることができました」(安倍首相)

 一方、本会議に先立ち安倍総理はこのように述べ、今国会で働き方改革を成し遂げたと成果を強調しました。

 与党側は参議院本会議を開き、最後の重要法案「カジノ整備法案」を成立させる方針です。

カテゴリー別ニュース一覧

社会

政治

経済

国際

カルチャー

BSS TYS RCC ITV KUTV