気象衛星

気象衛星

最新データを30分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2017年11月18日(土) 00:01

横綱・日馬富士を任意聴取

 横綱・日馬富士の暴行事件で、警察は17日、事件当時の状況などについて日馬富士から任意で事情を聴きました。

 17日夜、事情聴取を終えた日馬富士は車の後部座席で硬い表情のまま、国技館を後にしました。この事件は、横綱・日馬富士が先月、鳥取市内の飲食店で平幕の貴ノ岩に暴行を加え、けがをさせたとされるもので、警察は傷害容疑で捜査を進めています。

 聴取を受けて師匠の伊勢ヶ濱親方は、「本人は暴行の事実を素直に認めており、捜査には全面的に協力していくこととしています。多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」とコメントを出しました。

 一方、相撲協会の春日野広報部長が貴ノ岩のけがをめぐり、17日、記者団に説明しました。相撲協会・危機管理委員会の調査に対し、診断書を作成した医師は報道されてきた「頭蓋底骨折」ではなく、あくまで「頭蓋底骨折の疑い」で、「11月9日の時点で状態は安定していた」「重傷であるように報道され、驚いている」と回答したということです。

 しかし、春日野広報部長によりますと、貴乃花親方は今月14日の危機管理委員会の聞き取りに対し、貴ノ岩からの話として「ビール瓶で殴られた」「相撲が取れる状態ではない」などと説明したということです。

 この経緯について、貴乃花親方はこれまでのところコメントを出していません。

カテゴリー別ニュース一覧

社会

政治

経済

国際

カルチャー

BSS TYS RCC ITV KUTV