気象衛星

気象衛星

最新データを30分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2018年1月17日(水) 17:54
ゲレンデに長さ70mの亀裂、山形・蔵王温泉スキー場

ゲレンデに長さ70mの亀裂、山形・蔵王温泉スキー場

 水しぶきを上げて走る車。新潟市では雪解けが進み、道路に大きな水たまりができました。

 「こちらの排水溝なのですが、雪がぎっしりと詰まっています。気温が高くなってくると冠水のおそれがあります」(記者)

 排水機能の限界を超え、雪解け水の流れ込む余地がありません。大雪の影響が残る中、全国的に気温が上がり、雨となった日本列島。極端な天気に思わぬ事態が起きています。

 山形県・蔵王温泉スキー場の名物ゲレンデ「横倉の壁」。そこに大きな亀裂が走っています。亀裂の幅は最大3メートルで、長さはおよそ70メートルに達します。最初に亀裂が見つかったのは今月11日。雪崩のおそれがあり、スキー場はすぐに、このコースの滑走を中止にしました。

 「(横倉の壁は)一度は滑ってみたいという上級者向けのゲレンデですので、(客は)大変残念がっています」(蔵王ロープウェイ 営業企画部 工藤利彦 部長)

 なぜ亀裂ができたのか。蔵王では最近、雨や気温の高い日が多かったと言います。この影響で、地面に接している部分の雪が解けて滑りやすくなり、斜面の雪がずり落ちたとみられます。ほかのコースは、通常どおり滑走可能だということです。

 大雪の後の気温上昇と雨。道路がシャーベット状になるところもありました。

 「転ばないようにして歩いている。もう大変」(女性)

 午後からは東京でも雨になりました。18日も全国的に気温が高い見込みで、雪崩や落雪などには引き続き、注意が必要です。

カテゴリー別ニュース一覧

社会

政治

経済

国際

カルチャー

BSS TYS RCC ITV KUTV