阿部ひろみ

Vol.71 <8月1日>

岡山県内一市町村ずつ作品を紹介していきます。


 みなさまこんにちは、いかがお過ごしですか?
 今年の夏は、暑い!!ですね。去年も同じこと言っていたでしょうか?いいえ、たぶん、今年の方が暑いはず。去年は、ほとんどの時間、首にタオルを巻いて、扇風機で乗り切ったような気がします。が、今年はどうでしょう?冷房嫌いなわたしが、率先して冷房を入れて涼んでしまっているのです。ふーここまで書いて言うのも何ですが、やはり、年のせいでしょうか?まあ、熱中症になるのも恐いですから、無理せず、涼むこととします。
 ところで、夏になると、テレビで怪談話が放送されることが多くなりますが、それと同じ効果を狙って、時々「あ〜寒い寒い」と言ってみます。するとどうでしょう。だいぶ涼しく感じるのは、わたしだけでしょうか。  

さて今月は、10年前に描いた「勝山」の3枚です。やはり、こうしてみると、スタイルが変化していることに気がつきます。

勝山



のれんのまち1

何度も描いているうちに、こうした方が菜の花はいきいきとして見えるとか、こだわりがでてきます。そうして、最近出来上がった絵は、本物より創作性が少し反映されているようにおもいます。



のれんのまち2

たった10年ですが、もう今はない建物や、町並みなどがあります。のれんのまちは、まだまだきちんと保存され、美しい町並みを見ることができます。ときどき行くと、新しい発見があり楽しみです。



のれんのまち3

そのものを、素直に描くという意味では、むかしの絵の方が忠実だったのかもしれません。今は、「風を表現したい」という気持ちがしっかり根底にあり、それを意識して描いています。

いかがでしたか?今回は、以上になります。
次回は、さあ、どこへ行きましょう。
風の吹いている方へ気の向くまま、ふらりとどこかへ。


Back