阿部ひろみ

Vol.56 <5月1日>

岡山県内一市町村ずつ作品を紹介していきます。


 みなさまこんにちは、いかがお過ごしですか?
 いや〜今年の天気は本当にわかりませんね。夏日を記録したと思ったら、次の日には寒の戻りで、ストーブを焚いたり、あわててセーターを引っ張り出して着てみたりと、振り回されております。それでも風邪をひかないのは、やっぱりよく言われる「なんとかは風邪をひかない」なのでしょうか。代わりと言っては変ですが、「花粉症」で、鼻はずびずびしております。民間療法も少しは効いてきているらしく、年々良い方向に向かっていると信じております。それにしても、読めない天気は、スケッチの敵であります。どんな格好で、どの場所に行ったら良いか、全くわからなくなっています。でもひとつだけ良いことがありました。それは桜の花が「寒の戻り」で長く愛でられたこと。そのおかげで、お花見弁当を何回もいただくことができました。感謝。

さて今月は、先月からの続き、「新見市」です。今回は新見エリア、大佐エリアを旅して来ました。

新見市



「千屋ダム」新見エリア

千屋の雪景色などを描いてみたいとかねがね思っていますが、今年はわたしが思うぐらいたくさん降らなかった。今回は初夏の千屋ダムですが、スキー場などが雪にすっぽり包まれる風景などを描いてみたいです。


「井倉峡」新見エリア

知り合いの方が、井倉峡のあたりを散歩中にプロポーズされたと聞いて、去年の秋にまじまじと見に行きました。なるほど、なかなかロマンチックな場所に見えてきました。不思議なものです。



「大日高原のペンション」

 大佐エリア

大佐の刑部小学校で和太鼓の非常勤講師をしているので、その帰りぎわに描きました。秋深く寒い日だったので、運転席からスケッチしました。ぐっと冷えると紅葉も美しいです。


「橋」大佐エリア

同じく大日高原にある「橋」です。去年の夏、ふらふら歩いている時に見つけました。大佐在住の何人かの方に橋の名前を伺ったのですが、いまだわからないままになっております。

いかがでしたか?今回は、以上になります。
次回は「津山市」です。

Back