阿部ひろみ

Vol.38 <11月1日>

岡山県内一市町村ずつ作品を紹介していきます。

みなさんこんにちは、いかがお過ごしですか?
今年もあと2カ月となりました。秋らしく秋晴れが続いたと思えば、秋らしく秋雨前線がやって来る。秋というのはとらえどころのない季節なのかもしれません。そういえば「女心と秋の空」などと言いますよね。ほんとに「女心」かしら?ね。と思っていて調べていたら、むかしは「男心」だったらしい情報が。むむっ。もっとしっかり調べてみることにします。内心納得。

今月は「瀬戸内市」です。平成16年11月1日、邑久郡3町(牛窓町、邑久町、長船町)が合併して誕生しました。旧町ごとに旅してきました。


瀬戸内市


「牛窓・夏〜日本のエーゲ海〜」

 つい最近テレビで見た牛窓の風景が見たくて、早速牛窓に行って来ました。「日本のエーゲ海・牛窓」と言うキャッチフレーズに乗って何度旅したことか、今回は「だいぶ納得」の場所を描けました。




「邑久・餘慶寺から吉井川を望む」

 先日「二月堂の参道」が描きたくて奈良を旅して来たばかりですが、岡山県にもありました。美しい参道で奈良のようでもあり、坂道になっているので尾道のようでもあり、なかなか良い所でした。


「長船・福岡の市跡」

 九州の福岡の地名が、黒田氏ゆかりの地・備前福岡(現瀬戸内市長船町福岡)に因んでつけられたという事を、このたび描知りました。まさか、かの有名な「黒田節」も関係あり?

いかがでしたか?今回は、以上になります。
次回は、新「岡山市」です。

Back