阿部ひろみ

Vol.17 <2月1日>

今回から岡山県内一市町村ずつ作品を紹介していきます。

 みなさんこんにちは、いかがお過ごしですか。
 今年ももう2月ですよ。はじまったばかりと思っていたのに、もう1月が終わってしまった。早いです。
 今年は、暖冬ですね。と言いたいところですが、県北は、いざ雪が降ると「大雪警報」が出たりして怖いですね。小さい頃は東京でも積もりましたが、わたしが車の免許を取得してから、全然積もらなくなりました。(たぶん、因果関係はないと思います。)
 車の免許を取って3年目ぐらいに、栃木県の那須高原で、雪の道をくるくると回りながら滑ってから、それ以来一度も雪の日に運転したことはありません。怖かった〜。
 主人は県北出身なので、さすがに慣れていて、雪道もすいすい運転しますが、わたしは、「今日は、雪が降っているから出掛けない。」といい加減な主婦になっています。だから、雪景色を描いた風景画は、主人に連れていってもらった場所になります。
 それで今年からは、「雪の日だって自分で運転してスケッチに行く」ことを目標にしていましたが、もう一ヶ月過ぎちゃって、やっぱり雪の日の運転は、主人にしてもらっている状態です。雪景色は、とてもきれいで、描くのも大好きなので、なんとか雪道デビューできたらいいなと思います。でも皆様のご迷惑を考えると、このまま運転しない方がいいのかもしれません。
 さて、今日から新・岡山県内の旅がスタートします。今回の旅は、岡山市です。

岡山市
「烏城みち」
 岡山城に向かって行く「烏城みち」にあるイタリアンレストランのれんが色と、通りの紅葉がとてもマッチしていたので描きました。「まるで、パリにいるみたい。」と思いました。(正しくは、「まるで、パリのイタリアンレストランの前にいるみたい。」かな。)
   
「オランダ通り」
 名前を聞いただけで、ずっと行きたいと思っていた「オランダ通り」。通りとしては、ちょっと殺風景かな〜と思ったけれど、一軒一軒のお店をのぞいてみると、なかなか洒落たお店が並んでいる。知人に聞いて、小さなフランス料理屋さんで、お食事をしました。とってもおいしかったです。
   
「アムスメール上之町」
 アーケードってなんだか人の息吹が感じられていいですよね。時計台の前で誰かと待ち合わせしたり、散歩で歩いていたら、つい買ってしまったり、いい匂いのする方に引き寄せられたり、偶然を楽しむ事ができる空間です。
   
足守 「近水園」
 はじめて足守に行った時、いつもの道をひょいと曲がっただけなのに、ひどくタイムスリップしたように感じました。江戸初期の庭園や、商家など内部まで見られるようになっています。桜の頃にもう一度行ってみたいと思います。
   
Back