阿部ひろみ

Vol.125 <2月1日>

岡山県内一市町村ずつ作品を紹介していきます。

みなさまこんにちは、いかがお過ごしですか。
新見市大佐にある小学校で和太鼓を指導して15年目になります。(いきなりなカミングアウトですが)私自身は、和太鼓を始めて今年で35年目になりました。若い頃は、あちらこちらの舞台に立ったりしていましたが、最近は特に演奏活動はしていません。たまたま縁のあった新見市大佐で和太鼓を指導することになり、そういう訳でよく新見市の大佐には足を運ぶのです。

さて、今月は、「新見市大佐」です。

新見市大佐


大佐神社

美作市では雪の降り始めに行ったので、道路にはまだ積雪はなく、すいすいと車を走らせていたが、新見市大佐に着く頃には、前が見えないほどの雪の降り方になっていた。

大佐神社

風の聖域
風の聖域

もう何度も描いている大佐山の「風の聖域」という名がつけられている場所。あの木が好きなんです。秋の紅葉から、ほとんど色が変わらずに雪の中で暖かく感じる色の木。山の下からも見えます。



魚切公園

あ〜春が待ち遠しい。大佐山の中腹にあるこの公園では、春になったらお弁当をひろげて、お花見をする方々をたくさん見ます。ところで、なぜ魚切という名なのでしょうか。

魚切公園

いかがでしたか? 今回は、以上になります。
次回は、さあ、どこへ行きましょう。
風の吹いている方へ気の向くまま、ふらりとどこかへ。

※今月の絵は、岡山県津山市東一宮にある美術館「M&Y記念館」 に展示しております。


Back