阿部ひろみ

Vol.102〈3月1日〉

岡山県内一市町村ずつ作品を紹介していきます。


 みなさまこんにちは、いかがお過ごしですか。
  立春を過ぎると、春の陽気に包まれ暖かく感じていたのも束の間、県北に限らず、県南でも積雪。う〜寒い。とはいえ、やはり春は次第に近づいているようで、最も嬉しいのは少し日が伸びはじめたこと。前は午後5時にはもう真っ暗だったので、午後6時になっても明るいとなんだか得した気分になります。こうして春になっていく。そして3月にまたひとつ年をとる。ふむ、あっという間です。何かひとつ目標でもたててがんばってみようかな。

今月は、「真庭市の春、夏、冬」です。

真庭市の春、夏、冬



岩井畝の大桜

去年はじめて行った時、まだ肌寒い山風が吹いていたが満開だった。突然目の前に現れる大桜は、見事な立ち姿。途中、すれ違う車は少なかったけれど、たくさんの人が見にきていました。
岩井畝の大桜

樫西和紙


樫西和紙

まだまだ知らない景色があるなと思った場所のひとつです。最近のニュースで、樫西地区にある小学校を卒業する子どもたちが卒業証書を自らすくと聞いて「夏に描いたあの場所だ」と思いました。



蒜山の雪

久しぶりに蒜山付近の雪が描きたいと主人に連れて行ってもらいました。場所を移動し2枚目の絵に取りかかろうとすると、ここはもう何枚も描いてるよと指摘が、そうかなあと私。ここ好きなんです。
蒜山の雪

いかがでしたか? 今回は、以上になります。
次回は、さあ、どこへ行きましょう。
風の吹いている方へ気の向くまま、ふらりとどこかへ。

※今月の絵は、岡山県津山市東一宮にある美術館「M&Y記念館」 に展示しております。


掲載絵画に関するお問い合わせ等は「ひろみ工房」 info_hiromikoubou@me.com で承っております。

Back