番組基準

1959年  7月  8日制定
1963年11月  1日改訂
1970年  4月  1日改訂
以後民間放送連盟「放送基準」改正に伴い改訂
2004年  4月  1日改訂
2014年 11月 1日改訂
2016年  3月  1日改訂

山陽放送の使命は、その機能をあげて地域社会における文化の普及と発展に努め、産業・経済の繁栄に寄与し、健全な民主主義の発達と公共の福祉に貢献することにある。
したがって、放送番組の企画・制作実施にあたっては、関係法令を遵守することは勿論、常に品位を重じ、世論を尊び、言論の自由と公正を貫き、かつ広告宣伝の社会効用を高め、地域社会の期待と信頼にこたえるよう務めなければならない。
このため、山陽放送は、視聴者と番組提供者の理解と協力のもとに放送番組を次の基準によって編成する。

  1. 放送番組は、報道、教育、教養、娯楽、音楽、スポーツ、広告の各分野にわたるとともに、常に内容の充実に努め、放送番組相互間の調和をはかる。
  2. 山陽放送番組審議会の意見を尊重し、放送番組の適正と向上をはかる。
  3. 常に世論と、視聴者の要望を把握し、これを放送番組に反映させる。
  4. 番組提供者の意図を理解し、広告宣伝の媒体としての効果をあげることに務める。
  5. 政治、経済、その他社会上の諸問題に対しては、公正な立場を守り、意見が対立する問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにする。
  6. 社会の良識ならびに良俗に反するような放送は行なわない。
  7. 広告は、真実を伝え、関係法令に従って誠実を守り、視聴者に対して責任を負いうるものとする。
  8. 訂正および取り消しの放送は、事実の確認に基づいて行なう。
  9. この他の細目については、日本民間放送連盟放送基準を準用する。

以 上