« そば粉のガレット | メイン | 梨の日 »

ブッシュ・ド・ノエル

およそ35年前、フランス・パリのレストランで働いていた経験のある湯浅シェフ。
湯浅シェフが、その頃よく作っていたという
クラシックスタイルのブッシュ・ド・ノエルを紹介しました!

最近のロールケーキは、たっぷり厚みのあるスポンジを使っていることが多いのですが、
ブッシュ・ド・ノエルは、ロールケーキの渦巻きを、木の年輪に見立てるので、
薄焼きのスポンジを使うのがポイントなのだそうです。

香りづけにキルシュなどのお酒を混ぜたシロップをスポンジに塗り、
イチゴやフランボワーズのジャムを薄くのばし、
さらに生クリームを塗ってから、くるくるっと巻いていきます。
(写真は、生クリームなしで仕上げています)

ロールケーキを斜めにカットして、ケーキの横にくっつけると枝になります。
生クリームとフルーツでデコレーションして完成です!
ジャムの甘酸っぱさが効いていて、美味しかったですよ♪

きょうは、RSKラジオスペシャルウィークということで、
たくさんのメールやFAXが届きました。
ありがとうございます。
湯浅シェフからのローストターキーはじめ、
クリスマス限定の牧場のアイスセット、携帯電動歯ブラシが
ごごラジ(木)からのプレゼントです。
プレゼントの受付締切は、あと1週間!
どしどしご応募くださいね~。

きょうのテーマ「クリスマスのお菓子」についても、
たくさんメッセージをいただき、本当にありがとうございます。
こころがほっとあたたまるお菓子の思い出話もたくさん寄せられました。
そこで!
湯浅シェフと相談して、来週もクリスマスの思い出をテーマにすることになりました。

来週も、たくさんのメッセージをお待ちしていますね♪