« 10日からプレゼント満載♪ | メイン | ブッシュ・ド・ノエル »

そば粉のガレット

12月6日(木)の「ごごラジ」は、新そばの季節ということで
「そば」をテーマにお送りしました。

湯浅シェフの
「こどものころに食べていた『そばがき』って、どんなものだったかはっきり思い出せない」
というコメントに、たくさんのメッセージをいただきました。

そば粉をお湯で溶いて、塩や砂糖を加えてそのまま食べるという人や、
そば粉をお湯で溶いたものを団子状にして、茹でて食べるという人。
その団子にきなこをかけるという人。
さまざまな「そばがき」を知ることができました。

湯浅シェフは、こんな「そばがき」を作ってみました。

そば粉と水を2:1の割合で溶き、茹でたものをそばつゆでいただきます。

ヨーロッパではメジャーな「そば粉のガレット」のレシピもご紹介。

湯浅シェフは、スモークサーモン、エメンタール、ペコロスとミニトマトのスライスをトッピング。
おいしかったですよ~。

私も、家で作ってみました。
湯浅シェフのように薄焼きにしてきれいに折りたためなかったので、
小さなパンケーキ状のそば粉の生地のうえに具材を盛り付けることになりました。

何枚か焼いてみましたが、おいしくするポイントは
できるだけ生地を薄焼きにして、こんがり焼くことでした。
焼きが浅いと、モサモサしておいしくないです。

今週木曜の「ごごラジ」は、RSKラジオスペシャルウィークということで、
とっておきのプレゼントをご用意していますよ!!
「ごごラジ木曜日」らしい、おいしいプレゼントもありますので、ぜひお聴きください。