« 2012年08月 | メイン | 2012年10月 »

2012年09月

絶品トマト

きょうのごごラジのテーマは、トマト!
高梁から、おいしいトマトが届きました。

果肉がしっかりしていて、ほどよい酸味があり、とってもおいしいトマト。
湯浅シェフによると、おいしいトマトは水の中に入れたとき沈むそうです。
このトマトは、しっかり沈みそうなほど、ずっしりと重みもありました。
さて、このトマトを使って、
湯浅シェフがトマトのファルスィを作りました。
ファルスィというのは、詰め物という意味。

トマトをまるごとお皿にもりつけているようですが、
トマトをくりぬいた中に、ハンバーグの中身が詰め込まれているのです。

中に詰め込む具材は、あらかじめ炒めて味付けをしておきます。
トマトに詰め込んで、レンジで2分。
写真では、トマトが生のようにみえるかもしれませんが
ナイフを入れると、すーっと切れます。
ほどよくやわらかくなっていて、おいしいですよ。
こちらは簡単トマトソース。

中をくりぬいて湯剥きしたトマトに、オリーブオイルと塩をふりかけて
ラップをせずに、レンジで2分。

4等分すれば、ご覧のようにくったり。
トマトソースとして使えますよ。

ところで、トマトに何をかけて食べるかが話題になりました。
塩、醤油、ソースなど、さまざまなメールやFAXが届きました。
地域やおうちによって、いろいろな食べ方があるんですね~。
東北出身の清水アナは、小さいころ、砂糖をかけて食べていたそうですよ。

コーヒーのお供大集合!

きょうの「ごごラジviviッと!」は、コーヒーに合うスイーツがテーマ。

私が見つけたおいしいものを紹介する「美味漫遊記」では、
蒜山の豆腐店のスイーツ、豆乳焼きドーナツとミニ焼きドーナツを紹介しました。

国産大豆にこだわった豆腐店の濃厚な豆乳を使用しています。
揚げるのではなく、焼いているので、さっぱりヘルシーですよ。
驚いたのは、ミニドーナツ。
豆腐のパックに入っているんです!

ブルーベリーは蒜山産。大粒でおいしいんです。
湯浅シェフも絶賛でした。

こちらは、「シェフと主婦のお台所」で紹介した米粉のクラシックショコラ。

米粉スイーツは、もっちりしっとりしたイメージがあったのですが
ふんわり軽い食感なんです。
チョコレートケーキは、常温のままだとずっしり感がありますが、
ラップをしてレンジで20秒温めると、スフレのようなふんわり感が出るんですよ。
ぜひお試しください。

きょう、番組に届いたメール、FAXでは、
コーヒーのお供として「チョコレート」を挙げる人が圧倒的に多かったですね。
東京の白金台にあるチョコレート専門店には、おいしいチョコレートがいっぱいあります。
そのお店のドリンクチョコレートも紹介しました。

温めた牛乳に、ココアパウダーとカカオマスを混ぜています。
まろやかな味わい。しっかり甘いです。
朝晩涼しくなってきました。
こんな温かい飲み物が欲しくなります。

来週のテーマは、「秋の味覚」です。
ピオーネや梨、サンマ、秋ナスなどなど、秋のおいしいものが出回っていますね。
みなさんは、どんな楽しみ方をしていますか?
番組まで情報をお寄せください♪

お寺ランチ

金曜日のラジまるは、岡山市北区足守地区へ。
中継の合間、ランチタイムにむかったのは…

お寺です!!
ラジまる金曜スタッフの後ろ姿が、山門へと吸い込まれるように入ってゆきます。
というのも、このお寺の境内には

なんと!お好み焼きのお店があるのです!!!
おいしいもの大好きな金曜チーム。
いそいそと鉄板のもとへ。

お寺の奥さんの実家は、尾道のお好み焼き店。
ということで、尾道からさまざまな材料を取り寄せたお好み焼き「尾道焼き」が味わえるんです。
砂ずりとイカ天が入り、「尾道やくみ」という小魚入りの七味をふりかけて
食べるのが特徴なんですよ。
スタッフ全員、大満足でした。


秋のおやつ

今週の「ごごラジ」(木)は、「秋の味覚」をテーマに
いま旬を迎えているさまざまな食材を紹介しました。
そのひとつが、新庄村のサルナシ。
サルナシときくと、梨の一種なのだろうとイメージするのですが、
外見は、小さな青りんご。
カットすると、まるで小さなキウイ。
輪切りにすると直径が1~2センチで、とても可愛いんですよ。

湯浅シェフが、サルナシの輪切りをプリンとケーキにトッピングしました。
サルナシ自体の味は、キウイに似ていて、
果実は甘く、種の部分に酸味があり、独特の野性味があります。
サルナシの木は、もともと新庄村の山に自生していて、
サルが好んでよく食べていたそうです。
きのうから出荷が始まり、期間はたったの2週間。
出荷量が少ないこともあり、すぐに売り切れてしまうそうです。

こちらは、ピオーネとマスカットのアイスクリーム!

湯浅シェフが、ジューサーかミキサーがあれば、
家庭でも作れるアイスクリームのレシピを紹介しました。
材料はシンプルです。
牛乳、グラニュー糖、卵黄、生クリーム。
加えるジュースは、そのときの旬の果実のものを。
シンプルな材料だから、
口どけがよく、マスカットやピオーネの味と香りが引き立っていましたよ♪


まるでSF映画

まるでSF映画のよう!
明日放送のRSKテレビ「メッセージ」のナレーションをしていて
その映像にびっくりしました。

広大な敷地に、無数の反射鏡が円を描くように並べられ、
中央には、肉眼では直視できないほどに光り輝く塔がそびえたっています。
これは、スペインの巨大なソーラーシステム。
夜間やくもりの日にも発電ができるそうです。

スペインでは、太陽光などによる発電を推進するために
政府が、電気の買い取り価格を引き上げたところ
予想を上回る事業者が参入し、急速に普及しました。
それは、結果的に電気料金の値上げにつながったのですが…。

日本でも、国による電気の買い取り制度の中身が見え始めた今年5月頃から
太陽光発電の問い合わせが増えたといいます。
岡山でも…。

さまざまな問題を孕む新エネルギー事情について、ちょっと考えてみませんか。

「メッセージ」は、RSKテレビであす(26 日)夜7時から。
十数年ぶりの同期コンビでナレーションしています。
ぜひご覧くださいね。


芸術の秋

今月も、真庭市落合のふるさとリポーター、青木信治さんから素敵なポスターが届きました! 

いつもとはちょっと雰囲気の違うデザイン。
アートですね~。

今回のお知らせは、アートイベントなのです。
27日(木)から10月1日(月)まで
旧落合町内の公民館や郵便局、道の駅やお寺、ホテルなど
さまざまな施設59か所を会場に、
押し花やパッチワーク、木彫り、写真、金属工芸など
さまざまな作品が展示されているんです。

青木さんの取材した板金塗装店では、
ネジやバネなど自動車の廃材を利用したユニークな作品が展示されていたそうですよ。
写真で拝見しましたが、さすが、板金・塗装技術が駆使されています!
奥谷義隆さんの炭アートの作品を写真で拝見して、
湯浅シェフと一緒に、パイナップルや折鶴など、「こんなものまで炭になるの?」と驚きました。
なんと、たい焼きまで!

この週末は、町中がアートでいっぱいの落合が楽しいですよ!

岡山和牛のポピエット

27日(木)の「シェフと主婦のお台所」で紹介したメニューは、こちらです!
ごちそうですよ~♪

岡山和牛のポピエット。
こんなお皿が目の前に出されたら、うれしいですよね!

トマト、ナス、玉ねぎの角切りをラタトゥイユのように煮込んだあんを、
ハンバーグの中に詰め込み、
牛バラの薄切りとナスのスライスで包んだものを
トマトソースで煮込んでいるんです。

主婦にとっては、とても手の込んだお料理だと思うのですが、
湯浅シェフにとっては、「簡単」とのこと。
さすがシェフです!

野菜の苦手なお子さんでも、このメニューなら
お肉と一緒に野菜をおいしく食べられそうですね。
テニスボール大のボリュームがあるハンバーグですが、
中に野菜が詰め込まれているので、見た目より重たく感じません。
野菜と一緒にお肉を食べることで、より一層お肉の旨みが感じられますよ。

クリスマス会や誕生日会など、ちょっと特別な日に頑張って作ってみたいメニューです!