« スタミナ料理 | メイン | 大人気のジュレ »

花にらの季節です

花にらをご存じでしょうか。
8月中頃から9月中頃までの短い期間だけ出回る野菜です。
にらが白い花を咲かせる前のつぼみの状態で、茎から摘み取るんですよ。
にんにくの芽のような味と食感。
おいしいんです!
花にらを持って、黄ニラ大使の植田輝義さんが「ごごラジviviッと!」に来てくださいました。

植田さんが手にしているニラの右が花にらで、左が黄にらです。
私が放送の合間に撮った写真では、ちょうどマイクと重なってしまい見えないのですが、
花にらは、2センチほどの白いつぼみが特徴です。

湯浅シェフは、「フレンチでは花にらを使わないから初めて見た!」とのこと。
花にらはしなやかなので、くるんと結んでわっかを作れます。
「フレンチの盛り付けのとき、いろいろ使えそうだなあ」と、
さっそくいろんなアイデアがわき出ていました。

「シェフと主婦のお台所」では、花にらと黄にらを使った丼を紹介しました。
どちらもおひたしにして、2センチほどにカットして、白だしで味付け。
ご飯の上に、ドーナツ状にもりつけて、真ん中に黄味を落として出来上がり。
「ごごラジviviッと丼」と命名しました。

いまだけの味、花にら。
お店でみかけたら、ぜひ入手して、お料理に使ってみてください!
しゃきしゃきの食感が、おいしいですよ~。