« ごごラジ新聞 | メイン | 後楽園へ »

母の日にハーブのブーケサラダを

ごごラジ木曜日は、4月から、湯浅薫男シェフと小林章子(主婦)。
シェフとシュフのコンビでお送りしております。

食をテーマにお送りする2時間半。
4月26日のテーマは「ハーブ」でした。

そこで、湯浅シェフがこんなハーブのサラダを作ってくれました。

鮮やかなオレンジの花、ナスタチュームを中心に、
あさつきやタイム、ディル、イタリアンパセリ、ミントなどをブーケのように盛り付けたサラダです。

すっきりした香りや甘い香り、ハーブ特有のさまざまな香りがあいまって
とても爽やかな気持ちになります。
母の日のプレゼントにいかが?とシェフからの提案でした。

ハーブは、高級品というイメージがあるかもしれませんが
小さなバケツ1杯分300円で摘み取りできるハーブ園があるんですよ。
岡山市東区矢津の石村観光農園「夢百姓」です。

ハーブを使ったこんなアレンジメントもつくることができます。
キッチンやダイニングに飾っておいて、お料理に必要なときにちょっとつまんで使えて便利です。
こちらも、母の日のプレゼントにおすすめです。

ハーブはお茶にしても楽しめますよね。

こちらは、ブラックマロウティ。
お湯を注ぐと黒くなるのですが、レモンをいれるとご覧のような赤紫に。
色を楽しむハーブティです。

来週木曜は、湯浅シェフはおやすみです。
来週は、吉備国際大学の小西伸彦先生と、懐かしい鉄道の音などを聴きながら、
鉄道おでかけスポットの話題をお伝えします。