« 2011年02月 | メイン | 2012年05月 »

2012年04月

ご無沙汰しておりました♪

およそ1年ぶりに復帰いたしました。

木曜日の「ごごラジviviっと!」や「歌のない歌謡曲」あてに
「おかえりなさい」と、たくさんのメールやお葉書をいただきました。
本当にありがとうございます。

出産前にも、リスナーの方々から安産のお守りや励ましのメールなどいただきましたが、
おかげさまで、無事娘を出産し、元気に大きくなっています。

育休中に、ひとつ習慣ができました。
娘の成長を記録する日記です。
きっかけは、リスナーさんからプレゼントしていただいた「3年育児日記」。
娘が生まれてから、毎日欠かさず日記を書いています。

お座りができた日、歯が生えた日、立った日、歩いた日…
「はじめての日」がいつだったか、書いておかないと忘れてしまいますが、
この日記のおかげで、ちゃんと振り返ることができます。

この育児日記は、「これから出産」という女性におすすめしたいです。
日記のところどころに、コラムがあって、
赤ちゃんの月齢にあわせた遊びや、成長のめやす、離乳食のレシピなどが書いてあります。
育児書としての役割も果たしてくれるんですよ。
はじめての赤ちゃんの成長を記録するには、とくにいいと思います♪

マルタ・モンカーダさん

倉敷にアトリエをもつスペイン出身のアーティスト、マルタ・モンカーダさんにお会いしました。

とても気さくで、優しい印象のマルタさん。
絵画や陶芸などのマルタさんの作品にも、共通するところがあるように思います。
親しみやすさがあって、明るく、素敵な作品です。

マルタさんは、倉敷に訪れたとき、ふるさとのカタロニアと似ているところが多いと気に入って、
アトリエをもうけることにしたんだそうです。
倉敷とカタロニアの共通点って、なんだと思いますか?
マルタさんのインタビューは、ラジオ番組「歌のない歌謡曲」で近日中にご紹介しますね。

2年ぶりの再会

2年前、倉敷市の阿智神社の藤まつりを取材したときに
「藤染め」の作品展を開いていた女性とお会いしました。
倉敷文化洋裁教室の橘夏子さんです。
岡山県の天然記念物「阿知の藤」の葉や枝を使って染めた作品は、
黄色がかったベージュの優しい風合いで、とってもステキ☆
いつか橘さんのアトリエを取材させていただきたいと名刺をいただいたのでした。

それから2年。
ラジオカーでお邪魔しました!

綿を染めて糸を紡ぎ、織る。
すべての工程を橘さんが手がけるのです。
そうして丹精こめて仕上げた作品には、とても値段がつけられず、販売するつもりもないという橘さん。

作品展というと、「なんか買わんといけん」と気にする方もいらっしゃるようですが、
橘さんの作品展は、「ただ作品を見てもらいたいだけじゃから、気軽に来て」とのことです♪

作品展は、5月1日から5日まで阿智神社で開かれます。

ごごラジ新聞

木曜日の「ごごラジviviッと!」で、月に一度、真庭の話題をリポートしてくださっている
ふるさとリポーターの青木信治(あおきのぶじ)さんから、
こんなFAXが届きました。

「真庭発ほのぼの情報」で紹介する「上田春まつり」の内容を、
壁新聞やポスターのような感覚でまとめてくださっています。

素晴らしい題字!
素晴らしいしゃくなげの花!!
それもそのはず。
青木さんは、看板屋さん。本職なのです。
「ごごラジ」のためだけの手作り新聞。
贅沢ですよね~。
わたしたち木曜スタッフだけが楽しむのはもったいないので、ここでご紹介しました。

この新聞にもあるとおり、
「上田春まつり」は、真庭市田原山上の普門寺(ふもんじ)で4月29日から5月6日まで。
しゃくなげの見ごろは、後半の4日、5日頃だそうですよ。

来月は、どんな話題をリポートされるでしょうか。
楽しみです!

母の日にハーブのブーケサラダを

ごごラジ木曜日は、4月から、湯浅薫男シェフと小林章子(主婦)。
シェフとシュフのコンビでお送りしております。

食をテーマにお送りする2時間半。
4月26日のテーマは「ハーブ」でした。

そこで、湯浅シェフがこんなハーブのサラダを作ってくれました。

鮮やかなオレンジの花、ナスタチュームを中心に、
あさつきやタイム、ディル、イタリアンパセリ、ミントなどをブーケのように盛り付けたサラダです。

すっきりした香りや甘い香り、ハーブ特有のさまざまな香りがあいまって
とても爽やかな気持ちになります。
母の日のプレゼントにいかが?とシェフからの提案でした。

ハーブは、高級品というイメージがあるかもしれませんが
小さなバケツ1杯分300円で摘み取りできるハーブ園があるんですよ。
岡山市東区矢津の石村観光農園「夢百姓」です。

ハーブを使ったこんなアレンジメントもつくることができます。
キッチンやダイニングに飾っておいて、お料理に必要なときにちょっとつまんで使えて便利です。
こちらも、母の日のプレゼントにおすすめです。

ハーブはお茶にしても楽しめますよね。

こちらは、ブラックマロウティ。
お湯を注ぐと黒くなるのですが、レモンをいれるとご覧のような赤紫に。
色を楽しむハーブティです。

来週木曜は、湯浅シェフはおやすみです。
来週は、吉備国際大学の小西伸彦先生と、懐かしい鉄道の音などを聴きながら、
鉄道おでかけスポットの話題をお伝えします。

後楽園へ

雲ひとつない青空の下、ラジまるで後楽園に行きました。

気持ちいい!!!
芝や木々の新緑が鮮やかです。

後楽園広報スタッフの坂本美香さんに案内していただきました。
坂本さんは、後楽園の四季折々の楽しみ方を熟知されている方。
きょうのような汗ばむくらいの陽気の日、オススメはこれですよ!
と教えていただいたのは、

梅ジャムソフトです!
後楽園で育った梅の実で作ったジャムが、
ソフトクリームにとろーりとかかっているんです。

後楽園では、きょうからこいのぼりが設置され、
唯心山ではツツジ、井田ではれんげが見ごろです。
明日からのゴールデンウィークは、たくさんの方でにぎわいそうですね。
5日は、15歳未満の方は入園無料ですよ!