« 幻のバーガー | メイン | 民族衣装のコレクション »

鉄道の写真展

金曜日は、ラジオカーに乗っています。
直接会ってお話をうかがうのは、やっぱり楽しいですね~。
先日は、鉄道の写真展を自宅で開いている方のもとへ。

鉄道ファンには、電車に乗るのが好きな「乗り鉄」、撮るのが好きな「撮り鉄」など、いろいろと専門があるようですが、瀬戸町の小西啓二さんは、元電車の運転手さん。本物の鉄道マンであり鉄道ファンでもいらっしゃる、いわば「ほん鉄」??

ご自宅には、鉄道マンだったからこその貴重な品々がいろいろ展示されています。
蒸気機関車の時代、機関助士だった小西さん。その当時の制服や、運転士時代の無事故表彰メダルなどの思い出の品が、「運転室」と名付けられた部屋にたくさん詰め込まれています。

この写真は、鉄道ファンのお仲間から「小西ポイント」と呼ばれる場所から撮影したもの。

四季折々に表情を変える田んぼや山々の景色の中を、変わらず走り続ける列車。小西さんは同じ場所から撮り続けているんだそうです。
小西さんのお宅は、鉄道の好きな人にとってはたまらない空間。小西さんがいらっしゃるときは、どなたでも見学自由だそうです。

明日、28日のラジオカーは、御津方面へ。楽しみです!