« 学校の木 | メイン | VOICE21あの店この店大集合! »

キャッスリング!

「キャッスリング」ってご存知ですか?
お城という意味のキャッスルに、INGをつけた造語で、「かつてお城があった場所を歩いて楽しむこと」と言い換えられるでしょう。

中世の山城の跡は、岡山県内にもたくさんありますが、観光地ではないので、看板もなく、道さえない城跡もたくさん。天守閣が残っているわけもなく、山の形状から、防御のための「堀」や、城の区画「郭(くるわ)」などがあったことを想像して楽しむのです。これは、なかなか難しい。ぱっと見たところ、ただの山なんですから。でも、そうして中世の山白に想いを馳せることが、キャッスリングの魅力なんだそうです。

素人には難易度の高いキャッスリングですが、キャッスリングの第一人者、森本基嗣(もりもともとし)さんは、初心者も安心して楽しめるガイドブックを作りました。
「戦国山城を攻略する キャッスリング入門」。
岡山県内の山城跡を丹念に調べ、歴史をはじめ、登城時間や体力消耗度などもあわせて掲載されています。
わかりにくい登城口も、電柱や特徴的な木などを目印に記載され、付近の駐車スペースにいたるまで、かゆいところに手の届く内容。
「キャッスリングって何?」状態だった私も、この本を読んでいると、なんだかチャレンジしたくなるんです。

来週火曜(3/30)の「ごごラジviviッと!」では、著者の森本さんにスタジオにお越し頂き、キャッスリングの魅力をお話いただきます。どうぞお楽しみに!