« 鼻 | メイン | VOICE展 »

苦くないゴーヤ

きのうの「イブニングDONDON」で取材した沖縄料理店のゴーヤチャンプルー。
苦味がほとんどないので、驚きました!
あの苦味に栄養があるのですが、あまりに苦いと食べられないという方もいらっしゃいますよね。
ゴーヤの苦味をとる秘訣を教えていただきました。

ポイント① 表面のイボの大きいものを選びましょう。細かいイボのものより、苦味が少ないといわれています。
ポイント② ワタをとってスライス、塩茹でしたあと氷水にとると、苦味がとれ、色も鮮やかに。
ポイント③ 水に漬けたまま、半日ほど冷蔵庫で冷やす。
ポイント④ 豆腐、豚肉、卵と一緒に油で炒めることで、表面がコーティングされ、苦味を感じにくくなる。

特に、ポイント③の「半日ほど冷蔵庫で冷やす」過程で、苦味がとれます。
ビタミンは水溶性のため、溶け出してしまうと思われるかもしれません。
確かに溶けてしまうのですが、ゴーヤにはたっぷり含まれているので、ちゃんと残ります。
苦くなくなった分、たくさん食べれば大丈夫!!

苦くないゴーヤチャンプルーを作ってみたいという方は、ぜひ試してみてください。