メイン | 2009年06月 »

2009年05月

よろしくおねがいします!

きょうからブログスタートです!!

取材や日々の暮らしの中で出会った素敵な方や面白いモノなど、放送では伝えきれないコトを綴ってゆきますので、どうぞお付き合いください。

先日、「イブニングDONDON」で、元病院のギャラリー「アーティスツハウス」を取材しました。
元手術室やレントゲン室にアートを展示するユニークな施設です。
館長の藤井正さんは、クリニックの院長先生でもあり、アーティストでもあり、料理人でもあり…と本当に多才な方!
というのは、リポートでお伝えした通りですが、なんとダジャレのセンスも抜群で「80歳からの英会話」という本も出版されています。
本の帯には、「あなたも今日からすぐ話せる。ABCはもういらない」とあります。
そうなんです。アルファベットを覚えずに、英会話を覚えるという斬新なスタイル!

たとえば、「銀」は「シルバー」ですね。
藤井さんのテキストには、こうあります。

「汁ばあ」=「銀」

解説には「金の人たちが全部具を食べたので、銀の人たちは「汁ばあ」(岡山弁)」と。
これが藤井さん流なんです。
「融資?」=「わかった?」

チュニジアの味

朝のラジオ番組「朝まるステーションミュージックアフター9」に、さまざまなジャンルのトレンド情報を集める「トレンド玉手箱」というコーナーがあります。

今朝のゲストは、チュニジア出身のカブチ・タハさん。
目鼻立ちハッキリクッキリなイケメン♪
最近人気が高まってきている「ケバブサンド」の移動販売をしています。

ケバブサンドは、タハさんがお母さんから受け継いだチュニジアのふるさとの味。
ピタパンとよばれるドラえもんのポケットのような形の薄いパンの中に、ヨーグルトやスパイスで下味をつけて焼いた鶏肉、レタス、トマト、ソースをサンドしています。
「マイルドなカレー風味」と表現すると、「チュニジアにはカレーはないから、食べたことはない!」とタハさん。
カレーの真似をしたわけではなく、チュニジアが独自に育んだ味なんですね。
タハさんは、ふるさとの味に自信たっぷりです。

タハさんのお店「アラジン」は移動販売で、ほぼ毎週末出店の予定です。

16(土)17(日)「第13回たまの港フェスティバル」玉野市
24(日)「児島フェスティバル」倉敷市児島
30(土)「咲かそ 岡山!1万人のフりーマーケットin岡山ドーム」
31(日)「児島駅前三白市フりーマーケット」倉敷市児島
6月5(日)「いちのみや朝市」岡山市:吉備津彦神社

お肉の焼き方が独特で、鶏肉を数十センチ重ねて棒に刺して回転させながら焼き、焼いたところをそぎ落としてゆくんです。
移動販売車で、実際にご覧になれますよ。オススメの味です。

マスキャット

きのうの「イブニングDONDON」のゲストに、デビューしたての「マスキャット」さんがやってきました。

マスカットのマスコットキャラクターです。
「かなりかわいい」とスタジオでも大人気。これからの活躍に期待です。

マスカットは、きのうが初売り。
これまではゴールデンウィークの頃が初売りでしたが、今年は遅れているんです。
その分、たっぷり栄養がゆきわたって、味も食感も上々ですよ~。

ソーラークッカー

ソーラークッカーをご存知ですか?
太陽の熱を集めて料理する道具です。
100℃以上になるので、煮たり焼いたり、いろんな料理ができるんですよ。
二酸化炭素排出量ゼロの調理器具。スグレモノです。

来月は「環境月間」。
というわけで、「Mr.ハレーダー研究所」(毎週月曜夜7時50分から)で取材させていただいたんです。
チョコフォンデュを体験!
刻んだチョコに牛乳を6:4の割合でボールに入れ、湯煎で溶かします。
そこに、串に刺したイチゴを絡めて…ぱくり。

もちろん美味しいです☆

このソーラークッカーは、「移動環境学習車」でできる体験のひとつ。
「移動環境学習車」では、ほかにも、見て触って実感できることが色々あるんですよ。
詳しくは、「Mr.ハレーダー研究所」をご覧ください!!

アローイ!タイ料理

きょうの「トレンド玉手箱」のゲストは、タイ料理教室「ルアンタイ」の先生、青木洋子さんでした。

青木さんは、タイ旅行中に、安くて美味しくヘルシーなタイの料理に惹かれたのがきっかけで、言葉もあまり分からないのに単身タイに渡り、料理スクールで技術を習得してきたんですよ。
人生一度きり、やりたいことをやらなくちゃ!ということで。

タイ料理の味付けの基本は、「甘い」「辛い」「酸っぱい」「塩からい」の4要素が、ひとつの料理に全て入るということ。
「ヤムヌアヤーンアグン」(牛肉とブドウのレモングラス和え)もやっぱりそうです。

まず口に入れると、ミントの爽やかさが弾けて、砂糖の甘さ、唐辛子の辛さ、レモングラスやライム汁の酸味…と、いろんな味が次々と口の中に広がります。
全く初めての感覚なのに、素直に受け入れることができる不思議な味です。

番組終了後に、グルメ通の石原ディレクターも試食して、「香りが味だね。暑い地域だから、まずさっぱりとしたハーブの香りで、食欲が出るということだな」と。
なるほど~。

レシピは、「朝まるステーションアフター9」のホームページに掲載していますので、おうちでもぜひどうぞ。
http://www.rsk.co.jp/radio/asamaru/trend/index.html
ムシムシするこれからの季節、さっぱりしてピリ辛なタイ料理の味付けは、イイと思います!
コブミカンの葉は、乾燥したものが輸入食材屋さんで手に入りますが、なければなくて大丈夫。
味の大勢に影響はありませんよ。

古民家ランチ

きょうの「イブニングDONDON」で、築150年の古民家の和食やさん「翠松庵」へ。

野菜中心のお料理がいただけるんですが、1800円でご覧のボリューム。
ちらし寿司や自家製ごま豆腐など、プチ贅沢なメニューです♪

はちくの木の芽味噌がけや、わらびの卵とじなど、旬の野菜が盛りだくさん。
珍しいところでは、お茶の葉の天ぷら!
さくっと軽いはごたえで、食べたあと、お茶の香りがさわやかに残って美味しいですよ。
新じゃがの酢の物や、わらびの天ぷらなど、おなじみの食材も、いつもと違うお料理になると新鮮です。

店主の中村富士夫さんは、常に穏やかな笑顔。
「ゆっくり過ごしてほしいから」と、お客さんの入れ替えをしないので、ランチのあと、お座敷でお昼寝する方もあるそうですよ。
実は、中村さん、店員さんから「仏のふじさん」と呼ばれています。
お料理からも居心地のよい店内からも、そのお人柄を感じます。

立派な庭園は、いまサツキが満開。ほっと和むお店でした。


いばらーめん

いばらーめん。
その存在を知ってから、気になっていたんです。
明治ごんぼうバーガーと2ショットをご覧ください!

「いばらーめん」とは、井原線沿線の特産品をトッピングしたラーメン。
真備のたけのこや、美星の豚を使ったチャーシューに、矢掛のもやしがのって、
スープは、さっぱりとした醤油味に縮れ麺。
380円という安さもあってか、お昼時、井原駅構内にあるお店は大盛況。

明治ごんぼうバーガーは、芳井特産のごぼうが入ったハンバーグやパプリカが
白くて柔らかいパンにサンドされています。
このバーガーが、ある条件を満たせば100円で買えるんですよ。

詳しくは、6月8日(月)よる7時50分からの「Mr.ハレーダー研究所」をごらんください。