宝塚観劇日記「エリザベート~愛と死の輪舞~」

久しぶりの宝塚観劇日記です。
今回は宝塚の人気作品の一つ「エリザベート~愛と死の輪舞~」を観劇しました。

IMG_6330.jpeg

私はエリザベートという作品が子供の頃から大好きで、
セリフはもちろん、振付も歌も全部覚えています。

毎回変わるトート閣下のカツラをみて、どなたが演じたトート閣下かあてる
「トートかつら当てクイズ」なるものがあったら、当てられる自信があります。
(ファンの方ならわかってくれるはず)

また、毎回変わる鏡の間のエリザベートのドレスをみて、
どなたが演じたエリザベートかを当てる「エリザベートのドレスクイズ」なるものがあったら、
こちらも当てられる自信があります。
(
ファンの方ならわかってくれるはず)



今回もこの階段で花組ポーズ。

IMG_6328.jpeg



さて、舞台の感想を箇条書きでサクッとお伝えすると、
(詳しいストーリーは公式ホームページをご覧ください 笑)

・10代目トート閣下の珠城りょうさんはとにかく色気が出まくり!
ワイルドさも兼ね備え、まさに黄泉の国の帝王でした。後ろに永久に広がる黄泉の国が見えました。

・この公演で退団される愛希れいかさん。これで最後だと思うと、ひとつひとつの演技に涙が出そうになりました。
少女時代のエリザベートが愛らしかった。タイトルロールにふさわしい演技でした。

・美弥るりかさん、月城かなとさんは相変わらずイケメンだったし、
暁千星さん、小松が応援している蓮つかささん、そして春海ゆうさんたちのハンガリー革命家たちも
もちろんかっこよかった。さすがイケメン揃いといわれる月組。

・今回は役替わり公演。この日は夏目雅子さんの姪の風間柚乃さんがルドルフでした。
もう「すごい」の一言!!入団5年目ですが、あの堂々とした姿!歌声!美しい姿!
ルドルフ役への抜擢の理由がわかりました。今後が非常に楽しみです。

・子供ルドルフ役は君島十和子さんの娘さんの蘭世惠翔さんが可愛かった。
第6
場の上手から下手への横動きが特に可愛いです。必見です。


・エリザベートの父マックスには輝月ゆうまさん。長身のかっこいいパパでした。これはエリザベートが憧れる訳だ。

・この作品で退団される組長の憧花ゆりのさん。フィナーレの珠城さんとの絡みが良かったです!


また音楽学校合格時にイブニング5時に出演してくれた天愛るりあさんの姿もしっかり観てきました。
入団3年目。ますます可愛く、素敵な娘役さんになられていました。
(妹さんの天咲礼愛さんは雪組で活躍されています)

今回、宝塚歌劇で10回目のエリザベートの上演。
再演されるたびに、「今回の役作りはこうきたか~」
「このシーンは、○○さんが演じたものとはまた違う感じできたな」と
感じられるのがいいんですよね。
言い出すと細かすぎるので今回は割愛します。

(前にも同じこと言った気がする)


たくさんパワーをいただきました(^^)